大阪谷町・上本町の弁護士なら瀧井総合法律事務所におまかせ!

               

電話問い合わせ可能時間:月曜日~金曜日 午前10時~午後8時
※夜間、土日祝も適宜対応可能

解決実績

交通事故(無保険相手方)

事案の概要 依頼者が、自転車を走行中、無保険である相手方自動車と衝突した事案。
争点 損害賠償金の金額
帰結 本件は、特別な争点はなかったが、相手方が無保険であったため、依頼者としては、賠償に応じるかが不安であった。しかし、弁護士が交渉をすることにより、請求通りの賠償を得ることができた。
解決までの期間 弁護士介入後、約1か月半
解決のポイント 弁護士介入当初から、相手方に対して丁寧な交渉を行うことにより、円満に解決することができた。

交通事故

事案の概要 依頼者は、自動車の後部座席に乗車していたところ、運転者がハンドル操作を誤り自損事故を起こし、負傷し、後遺障害7級が認定された事案。
争点 後遺障害逸失利益の金額
帰結 当初、保険会社からは、後遺障害逸失利益逸失利益として約1500万円、総額約2700万円の提示をうけたが、交渉の結果、後遺障害逸失利益約2500万円、総額約4000万円で合意した。
解決までの期間 弁護士介入後、約4か月半
解決のポイント 類似の裁判例を緻密に調査し、保険会社に提示しつつ交渉することにより、短期間で1000万円以上の増額に成功した。

交通事故(物損、評価損)

事案の概要 新車購入から1年以内であるにもかかわらず、信号待ちで後ろから追突された事故。
相手方保険会社からは当初、修理費用のみが支払われる予定であったが、評価損を請求した事案
争点 国産車両においても評価損が認められるか否か
帰結 10万円以上の評価損がみとめられた。
解決までの期間 6か月
解決のポイント 評価損は基本的に高級外車で認められる傾向にあるものの、国産車でも認められた裁判例を抽出するとともに、ディーラーに詳細な修理内容等をヒアリングし、損害を具体的にまとめて保険会社に提示し、評価損の算定根拠を明らかにすることで、なかなか認められない評価損として解決金が支払われました。
お気軽にお問い合わせください