大阪谷町・上本町の弁護士なら瀧井総合法律事務所におまかせ!

               

対応可能時間 LINE・メール:平日休日適宜対応
TEL:平日 9:30〜21:00

解決実績

依頼者の望まない離婚に対して1500万円以上の解決金を取得した事例

事案の概要 依頼者が、結婚前に芸能活動をしていたことについて知らされていなかったとして、夫から離婚を請求されたが、依頼者には離婚する意思は無かった。
争点 離婚原因の有無、解決金の金額
帰結 当初は離婚原因が無いとして、離婚をすることを争いましたが、その後解決金の支払いを条件に離婚をすることにしました。
相手方の400万円の提示に対して交渉し、最終的に1500万円以上の解決金の支払で合意することができました。
解決のポイント 双方が提示する解決金額に大きな違いがありましたが、証拠を提示して法的な離婚原因が存在しないことを説得的に主張し、容易に離婚をしない依頼者の覚悟を示したことで、解決金の大幅な増額に繋がりました。

財産分与で自宅不動産(約4000万円)を獲得した事例

事案の概要 夫の不倫をきっかけに離婚を決意され、子の生活環境を変えないためにも自宅に住み続けたい。
争点 財産分与
帰結 代理人となって交渉を行い、財産分与として自宅不動産(4000万円相当)を獲得することに成功しました。

不倫の調査費用を含む約600万円の損害賠償を獲得した事例

事案の概要 依頼者は妻の不倫をきっかけに、離婚を決意された。
不倫の調査に多額の費用がかかったのでその費用も回収したいとのこと。
争点 損害賠償額
帰結 代理人となって交渉を行い、離婚の成立とともに不倫の調査費用を含めて約600万円を獲得することに成功しました。

相手方の性格を見据えた交渉の結果、短期での協議離婚に成功した事例

事案の概要 明確な法定離婚事由はなく、相談時においても離婚の争いが明確化していない状態。
性格の不一致などから今後の人生を考えたときに、妻と離婚しリスタートしたいとのこと。
争点 法定離婚事由の存在
帰結 相手方の性格を見据えた上で離婚条件を提示し、調停に移行することなく短期での協議離婚成立に成功しました。
解決のポイント 明確な法定離婚事由がないことから、調停等に持ち込んだ場合には離婚まで長期化する可能性がありました。
そこで、場合によっては離婚訴訟を見据えて長期化することも説明した上で、相手方の性格を把握するために、これまでの婚姻生活の事情等を入念にヒアリングしました。
また、離婚交渉を進める上では、養育費の支払い方法が主な争点となりました。
そこで、ヒアリングした情報を踏まえ、相手方が離婚に応じるためのポイントを分析した上で離婚条件を提示し、交渉しました。

男女問題

事案の概要 依頼者である女性の交際相手の男性が、約3年半の交際期間中に、別の女性と婚姻し、離婚していた事案。
争点 慰謝料の金額
帰結 当初、相手方は、100万円までしか支払わないと主張していたものの、最終的には、150万円を支払うことで合意。
解決までの期間 約2か月
解決のポイント 単に書面上の交渉をするだけではなく、相手方に対し、頻繁に電話やメールでの交渉も行うことにより、約2か月という短期間で増額、解決することができた。

男女問題(離婚、バックアップ)

事案の概要 依頼者である男性が、ご依頼される前にご自身で離婚調停を申立てており、バックアッププランを利用することにより、無事に離婚が成立した事案。
争点 婚姻費用の額、解決金の額
帰結 当初は、相手方から高額な婚姻費用、解決金を請求されていたが、調停の前後に弁護士と打ち合わせを行い、アドバイスを受けるにより、納得のいく金額で合意し、離婚をすることができた。
解決までの期間 弁護士介入後約10ヶ月
解決のポイント 本件は、バックアッププランのため、調停に同席することはできなかったため、事前の打ち合わせを十分に行った。また、書面についても、依頼者が作成したものを事前に確認・修正し、代理プランと同程度の水準になるようにした。

男女問題(離婚・男性側・訴訟)

事案の概要 依頼者である夫に対し、相手方である妻が、訴訟において、離婚と、DVを理由とする慰謝料等を求めた事案
争点 夫から妻に対するDVの有無
帰結 離婚は認めるものの、慰謝料はなしにすることで和解
解決までの期間 5か月
解決のポイント もともと依頼者は、訴訟に先立つ離婚調停に、代理人をつけずに臨んでいました。そのため、両当事者とも感情的な主張が目立ったことから、解決の糸口さえ掴めない状態だったようです。
当事務所が担当させていただいてからは、双方の主張が食い違う様々な事実について、証拠をもとに仔細に反論を続けました。その結果、裁判所から慰謝料をなしにする旨の和解案を提示されました。
また、無事解決に至ったことについて、依頼者のみならず相手方からもお礼の言葉を頂きました。
当事務所では、可能な限り両当事者間のしこりを小さくする選択肢も視野に入れています。

男女問題(離婚・女性側・交渉)

事案の概要 依頼者である妻が、相手方である夫の不貞行為を理由として、夫に対し、離婚と、慰謝料、財産分与、及び養育費を求めた事案
争点 夫から妻に支払われる金銭の総額
帰結 離婚の上、相場以上の養育費と、合計1000万円近い金銭を支払う(うち、8割以上は一括払い)旨、公正証書にて合意。その他、分割払いの確実な履行のため、依頼者に有利な複数の条項を設けた。
解決までの期間 1か月
解決のポイント 相手方が早期解決を強く求めていたことから、極めて有利な交渉になりました。依頼者からヒアリングした結果、弁護士が間に入ると相手方が早期解決を諦め、相場通りの解決になる可能性が高いと判断。
そこで、依頼者の代理人としては活動せず、交渉方法の指示、文書作成、依頼者の心境にも配慮した相談など、「バックアップ」に徹しました。当事務所では、依頼者の資力や事案の性質によって、代理プランではなくバックアッププランをお勧めすることもあります。それにより、経済的負担を少なくしつつ、弁護士のサポートを受けることも可能です。
   お気軽にお問い合わせください